■外国籍留学生特別入学試験

1.募集コース

        普通科 進学コース・理数科 文系進学コース・理数科 理系進学コース
 

2. 募集人数

   若干名
 

3. 出願資格

  1.次の(ア)(イ)のいずれかに該当する者で、留学に際して健康上支障のない者。
    (ア)海外の高等学校に在学、もしくは海外の中学校を卒業(卒業見込み)の外国籍の女子生徒で、出身の学校長が推薦する者。
    (イ)外国において中学校と同等の教育課程を修了したと本校が認める外国籍の女子生徒で、出身の学校長が推薦する者。
  2.入学試験に合格した場合、本校への入学が確約できる者。
  3.本校での卒業を目標とし、勉学に努力を惜しまない強い意志がある者。
  4.日本語や日本文化及び国際交流に関心を持つ者。
  5.留学中、日本の文化に適応し 積極的に学んで受け入れ ることができ 、また母国の文化を紹介できる者。
   6.本校の校則 や寮の規則を守り、日本の生徒と協調して生活する努力ができる者。

 

4.出願手続

出願期間 随時
持参の場合、受付は平日の 9:00 から 15:00 まで。土・日・祝日の受付は行いません。
出願書類 (1) 入学願書
(2) 出身学校が発行する調査書または成績証明書
(3) 在籍中または出身学校の校長推薦書
(4) 小論文(自己推薦文)(日本語1200字程度または英語800語程度。(英語以外の言語を使用の場合は英文訳800語に相当するものが必要)
(5)受験料振込証明書(入学願書に添付)
※郵送で出願される場合は、受験票返送用封筒を同封してください。
受 験 料 19,000 円(専用用紙で振込み、振込証明書を入学願書に添付してください。)
※納入された受験料は理由のいかんを問わず返還しません。
出願方法 個人で提出しても構いません。郵送も可です。書留を利用してください。
提出先
〒 738-8504 広島県廿日市市佐方本町 1-1
山陽女学園高等部 事務室

 

5.入学試験

試験日 個別に連絡いたします。
試験会場 本校
試験教科 数学・英語(日本語もしくは英語訳したもの)
面接(日本語もしくは英語)・書類選考
試験時間割
(時間・配点)
数学(40 分・ 100 点)、英語( 40 分・ 100 点)、面接
開始時間等は個別に連絡いたします。

 

6.合格発表 

 個別に連絡いたします。
 電話等による問合せにはお答えできません。

7.入学手続

手続期間 個別に連絡いたします。
納入金  入学に関する諸費用
 250,000円(内訳 入学金200,000円  教育充実費 50,000円)
  次にいずれかに該当する場合は、入学金は30, 000 円とし、教育充実費は 50,000円 となります。
1.志願者または保護者が本学園を卒業の場合
2.姉が本学園中等部または本校を卒業の場合
3.姉が本校に在籍している場合
4.妹が本学園中等部に在籍している場合
手続方法 合格通知に同封の専用用紙で納入金を振り込むとともに、入学確約書を提出してください。期日までに手続きをされない場合は、入学資格を失います。また、納入された諸費は理由のいかんを問わず返還しません。

8.入学準備説明会

  個別に連絡いたします。

9.特記事項

   外国籍留学生特別入学試験受験者は、山陽女学園スカラシップ制度の審査対象になりません。
   スカラシップを希望される場合は、一般入学試験も受験してください。
 

10.入学後について(内規より抜粋)

入学時期および期間
(1)年度途中に受験し合格した場合、入学を確約後、次年度4月までは「留学生特別履修」か「日本語習得履修」を選択することができます。入学時期および 高校 1 年生の開始は 4 月からとなります。
(2)原則、3~4年間での卒業を目指すものとし、4年間での卒業が不可能な場合も、卒業を希望し学校長が許可したときは 5年目を認めることができます。
 
入学後の授業
(1) 学年途中で合格した生徒の場合、次年度4月までは留学生扱いとし、「留学生特別履修」か「日本語習得履修」を選択することができます。
◎『日本語習得履修』
ア)授業を選択して受講し、空いた時間を日本語の勉強や異文化交流の時間にあてながら日本語習授業を選択して受講し、空いた時間を日本語の勉強や異文化交流の時間にあてながら日本語習得に重きをおく履修方法である。得に重きをおく履修方法である。
イ)単位認定は行わない。
ウ)在籍者とは数えない。
エ)授業料については、別に定める料金とする。(2分の1)
◎『留学生特別履修』
オ)原則、全授業に出席するが、成績は出さない。単位認定を目的とせず、日本語・教科に慣れるための特別課題をふくめた指導を行う。
カ)授業には原則参加するが、単位の認定は認めない。
キ)在籍者として数える。
ク)授業料については、別に定める料金とする。(3分の1)
(2) 4月に入学し、入学後は、『留学生特別履修』・『通常履修』生徒ともに1年生のHRクラスに在籍します。
(3) 希望者には、有償にて日本語教育の個人レッスンを斡旋します。
(4) 原則、『通常履修』では4月から日本人生徒と同じ科目を履修し全授業に参加します。成績も通常生徒と同等に算出します。ただし、生徒本人が希望した場合、『留学生特別履修』を選択できます。
(5) 最初は単位認定を目標に『通常履修』でスタートしたが、授業が十分に理解できず、もう1度『留学生特別履修』に戻ることを生徒が希望したときは認められます。この場合、授業料はその当該年度4月から留学生特別履修料金を認めます。
(6) 最初は『留学生特別履修』でスタートしたが、十分理解が認められ、『通常履修』に変更することを生徒が希望したときは認められます。この場合、授業料はその当該年度4月から通常履修料金をおさめたときに、単位認定とされます。
(7) 本校の国際交流の活動上、学校長が必要であると認めた場合、各種国際交流団体等の活動に参加させることができます。
 
単位認定・卒業認定
(1) 単位認定の合否は各教科において決定され、原則、一般日本人生徒と同等に成績は取り扱われます。
(2) 単位認定は、通常授業料を納めた場合に行われます。
(3) 進級等の認定は、原則学年末に実施する進級判定会議で決定されます。
(4) 卒業単位数は、学習指導要領に則ります。
 
授業料等費用
(1) 留学及び授業料・制服等、本校での費用については、一般の生徒と同じ原則自己負担となります。なお、費用月額の詳細については、以下のとおりです。
 
(通常履修 料金月額)

  普通科 理数科
授業料
施設維持費
生徒会費等
25,600 円
9,800 円(4,5 月は11,600 円)
2,800 円
27,100 円
9,800 円(4,5 月は11,600 円)
2,800 円
合計 38,200 円(4,5 月は40,000 円) 39,700 円(4,5 月は41,500 円)

 
 
(2)授業料その他の金額の特例は以下のとおりです。
ア.「留学生特別履修」を生徒が希望したときは、留学生特別履修料金で授業を受けることができます。
イ.年度途中で「留学生特別履修」に戻ると生徒が希望し認められたときは、授業料は4月から留学生特別履修金額とすることができます。
 
(留学生特別履修 料金月額)
  普通科 理数科
授業料
生徒会費等
8,500 円
900 円
9,000 円
900 円
合計 9,400 円 9,900 円

 
 ウ.年度途中に入学し、「日本語習得履修」を生徒が選択したときは、授業料は以下のとおりになります。
 
(日本語習得履修 料金月額)
  普通科 理数科
授業料
生徒会費等
12,800 円
1,400 円
13,500 円
1,400 円
合計 14,200 円 14,900 円

 
  授業料等の納付
(1)授業料等の納入期日
毎月10日になります。
(2)納付方法
学園所定の振込依頼書を使用し、指定金融機関への口座振込です。振込依頼書は、納期がきましたら、保護者宛に送付します。
(3)授業料等の納付期限
授業料等の納付を怠ると、各種証明書の発行が行えない他、退学あるいは除籍処分となるおそれがあります。
 
寮への入寮
(1)合格した生徒は、学園内の専用寮に入寮することができます。(個室)
(2)寮の規則については、寮規則および寮生委員会の指示に従うことになります。
(3)入寮費、入寮後寮費、利用に応じての電気代等は自己負担となります。
 
(学生寮 費用)
 
  1人部屋 2人部屋
入寮費
入寮後運営費(寮費)
食費
40,000 円
24,000 円
26,500 円(22 日分)
40,000 円
15,000 円
26,500 円(22 日分)

 
特記事項
試験に不合格であったが、どうしても本校への入学を希望する生徒には、別に規定する『短期留学生 受け入れ事業(1年)』への推薦をすることができます。
(1)本校での卒業資格を取得することはできません。
(2)授業は希望するもののみを選択し、母国の紹介などの校外行事に参加しながら、日本語検定や日本語に慣れるための準備をします。授業料などについては以下のとおりです。
(短期留学生 料金月額)
  普通科 理数科
授業料
生徒会費等
12,800 円
1,400 円
13,500 円
1,400 円
合計 14,200 円 14,900 円