一人ひとりの目標に照準を合わせて、丁寧な指導を行います 

「なぜ」をつきつめていく授業 知識とともに思考力や想像力を培う

山陽女学園では、一人ひとりが進みたい道を選べるように理数科2コース、普通科2コースを設置しています。授業では、生徒の「なぜ」と丁寧に向き合い、ともに考え、答えを導くまでの過程をわかりやすく解説。放課後や長期休暇中の講習にも時間を惜しまずに、希望進路の実現へ向けて多角的にサポートします。

  
 
 
  

学力向上テストで大学受験に備える

確認テスト…3週間の授業内容がテスト範囲です。授業をどれだけ理解しているか確認します(21回/年)。

 
完成テスト…各期の全内容がテスト範囲です。前期・後期の総仕上げです(2回/年)。

 
テストの流れのイメージ

 
 
 
・毎週のテストで個人の学力や授業の理解度を、定期的に確認でき、すばやく対応できます。
・予習・復習の習慣が自然と身につきます。
・問題を多く解くことが、入試回答のテクニック向上につながります。
・講習で、より確実に基礎学力が定着します。
 
 

 

万全のサポート体制

   放課後の講習
 
 
 

 3年生は受験対策講習(国・数・英・理・社)、1・2学年は基礎学力定着講習(数・英)を放課後に行います。
  

②長期休暇補習・講習

 

 
長期休暇には習熟度別の講習や個別の補習を行っています。休暇中も学習リズムを保ったまま、弱点克服や基礎力、応用力の養成に取り組むことができます。
 

③月曜質問タイム 

 

 
テスト前日の月曜日、7時間目は質問タイムです。生徒は質問したいテスト科目の教員に、じっくりと個別で質問することができます。
 

④時間割・補習・隔週土曜日授業 

 

 
普通科は月~金曜日の授業時数は6校時まで、理数科は火~金曜日は7校時まで(月曜日は6校時まで)として、放課後は講習の時間としています。第1・第3土曜日は4校時まで授業を行います。