(1) 午前6時広島市または廿日市市暴風警報が発令されている場合自宅待機とし、その後、警報解除時刻により以下の通りとする。
 

警報解除時刻  登校時間 授業開始
午前 7時 以前 平常通り 1校時
午前 8時 以前 9:30 2校時
午前 9時 以前 10:30 3校時
午前10時 以前 11:30 4校時
午前10時以降も引き続き警報が発令中の場合は臨時休校とし、
後日(原則、休校となった週の土曜日)に回復授業を行う。。。

 *広島市または廿日市市に暴風警報が発令されている場合、その他の地域から通学している者には、担任が電話連絡をする。
 
(2)広島市・廿日市市以外暴風警報が発令されている場合
 
①「自己の居住地域」で「暴風警報」が発令されている場合には、上記(1)に準じて、自宅待機および登校すること。
②警報解除時刻により、遅刻をし、授業を受けられなかった場合には、保護者からの連絡公認遅刻・公認欠課を認める。
③午前10時以降も警報が解除されなかった場合には、 保護者からの連絡公認欠席を認める。
 
(3)暴風警報以外の警報が発令されている場合
 
①原則として平常登校・平常授業とする。 ただし、居住地域および登校途中地域に危険な状態(路面冠水・崖崩れ・路肩崩れ・浸水・堤防の決壊など)があり、登校が危険であると保護者が判断した場合には、保護者からの連絡公認遅刻・公認欠席を認めるので、無理をして登校しないこと。
 
②大多数の生徒がすでに登校しているときには、授業を行うことを優先する。しかし、学校が臨機応変に判断し、早期下校など特別措置をとる場合もある。
 
③学校が早期下校などの特別措置をとる場合に、生徒は単純に「早く帰宅しよう」ということだけ考えて行動してはならない。保護者や自宅等に連絡するなどして、下校途中の道路状況や災害の状態を充分に確認し、場合によっては、どこか安全な場所で待機したり、学校へ引き返したりする勇気と慎重さをもって行動すること(宿泊が必要なときには、学校で宿泊所を確保する)。