2019.2.16

 

 
中等部 担当 石井
今日は「個性輝き学習発表会」が行われました。本校では、総合学習の時間を個性輝き学習と呼びます。中等部1年生は、楽器演奏、2年生はマルチメディアとミュージカル、3年生は英語によるプレゼンテーションでした。それぞれの個性が輝き、表現力豊かに発表できていました。
 

 

2019.2.16

 
高等部 
 
本日、高等部の日記はありません。
 

 

2019.2.15

 

 
 

 
中等部 担当 原
本日は高等部一般入試の2日目です。他校の中学生達と一緒に、本校の3年生も入試に挑戦しています。試験を受ける姿には、普段よりもピリッとした緊張感が見られました。これを機会に「高等部生になる」という意識も芽生えてきたのではないでしょうか。
 

 

2019.2.15

 

 
高等部 担当 高橋
本日は高等部一般入学試験Ⅱを実施しました。受験生の緊張している様子が伝わってきます。自分の力を十分発揮できたでしょうか。
 

 

2019.2.14

 

 
 
中等部 担当 浅野
 
本日は入試のため生徒はお休みですが、毎年恒例のスキー&スノボツアーを、めがひらスキー場で開催しました。今年は29名の参加です。朝早く集合し、バスに乗り込んだところをパチリ!出発前のみんなのいい笑顔を撮ることができました。きっと、楽しい思い出ができることでしょう。
 
 

 
 
 

2019.2.14

 

 
 
高等部 担当 沖田
 
今日から2日間、高等部一般入試が行われます。朝早くから在校生が学校に来て、お手伝いをしてくれています。4月には、山女の制服に身を包んだ新入生の皆さんに会えるのを、みんなで待っています。
 
 
 

 

2019.2.13

 

 

 
中等部 担当 津野
本日の中等部校舎は休日と間違えるほどとても静かです。ただいま、2/16(土)に行われる個性輝き学習発表会のリハーサルのため、講堂に移動しているのです。たびたび学園日記でも紹介していますが、本番に向けて、生徒たちはそれぞれ努力を積み重ねてきました。本番まで残り数日ですが、悔いの無いよう、さらに努力を積み重ねてくださいね。
 

 

2019.2.13

 

 
高等部 担当 延谷
高校生新聞の第2回全国女子高校生エッセイグランプリに1年生全員で応募しました。募集テーマは「感謝」。作品を発送する前に、ざっと目を通しましたが、家族や友だち、ペットなどへの素直な「ありがとう」や、感謝を胸に、これからの生き方を大切に考えたいという思いが書かれていました。先日結果発表があり、全国で唯一、本校だけが「学校賞」をいただきました!選出理由は、「優秀な作品の多かった貴校を称え」とのこと。副賞は、図書カード3万円!受賞を喜ぶ生徒達には、私への感謝は素直に受け取るよと言っているのですが。。。
 

 

2019.2.12

 

 
中等部 担当 徳政
2/16(土)の学習発表会に向けて、1年生のクラリネットの練習場所にお邪魔しました。ピーンと張りつめた空気の中、5人が一生懸命練習していました。明日は、講堂で本番通りのリハーサルがあり、各楽器ごとの演奏と全体合奏が行われます。今までの練習の成果が発揮できるよう頑張ってください。

 

  

2019.2.12

 

 
 
 

 
高等部 担当 阿部
1-7ライセンスコースの生徒たちは、来年度からパティシエとインテリアコーディネーターのコースに分かれます。パティシエコースを選択すると、広島酔心調理製菓専門学校のスクーリングに通うことになります。特に実習では、手際よくメレンゲを作ること、調理をしながら片付けも同時進行できることなどが求められます。1年間スクーリングに通った、2-7パティシエコースの生徒たちの協力のもと、「ふわふわのパンケーキ」を作りました。家庭科の教員がまずデモンストレーションをし、その間2年生が一人分の材料を計量し、調理実習が始まりました。やはり苦戦したのは、メレンゲ作りです。なかなかメレンゲが立たない1年生に、2年生が丁寧にアドバイスしてくれていました。自宅でトレーニングが必要な生徒も何人かいましたね。0から教わるのではなく、最低限のことはできるようになった上で、スクーリングをスタートさせてほしいと思います。
 
 

 

2019.2.9

 

 

 
中等部 担当 神岡
来年度入学する新一年生向けに、入学準備説明会を開催しました。学校生活についての説明ののちに、制服採寸、体操服や上履き等の販売がありました。春からの学校生活にむけて、準備も整いましたね。4月から新しい制服に身を包んで、元気に登校してくれることを、教職員一同楽しみにしています。 
 

 

2019.2.9

 

 
高等部 担当 津野
来週17日(日)、弓道部は「第53回広島県弓道選手権大会(少年の部)」に出場します。昨年度、本校の生徒が2連覇を達成した大会です。写真の優勝カップは開会式で返還しなければなりませんが、今年度もまた本校の生徒が手中におさめてくれることを期待しています。
 

 

2019.2.8

 
中等部 担当 伊藤
 
中等部玄関前に、ワイルドガーデン風の植栽があり、大きく育った落葉樹や常緑樹の根元に、ツワブキやつる性の植物などと一緒に、クリスマスローズが植え込まれています。

私はこのひとけのない一角に咲くその花の、ひそやかにおしゃれなたたずまいが好きで、自宅にも色々植えています。そして気になるこの花。

春を告げるマンサクの花は黄色いはずだけど、形がよく似ています。園芸種なのかな?ご存知のかたがいらっしゃいましたら教えてください。
 
 

 

2019.2.8

 
 

 

 
高等部 担当 神川
 本日、高等部2年生は「進研マーク模試」を受験しました。今年度最後の模試となりましたが、これからの進路を決定していくうえで自分の実力を把握しておくことは非常に大切なことです。およそ1年後に控えている大学受験本番に向けて、これからもこつこつと勉学に励んでほしいと思います。1年はあっという間ですが、「まだ1年もある」!
  

 

2019.2.7

 
 

 
中等部 担当 酒井
 中1の社会の授業で、先日の学力向上テストの答案が返ってきました。なんとっ!厳しいN越先生のテストで、100点満点が3人もいました。日々の授業に集中して家庭でもコツコツと学習を続けた成果ですね。N越先生もとても嬉しそうでした。
 

 

2019.2.7

 
 

 
高等部 担当 星野
 学校にはクラブで頑張った生徒たちの賞状やトロフィーが数多くあります。多くのクラブが全国大会に出場し、結果を残しています。先日はカラーガード部が全国大会に出場し、金賞を受賞しました。熱心に努力をする姿は素敵ですね。
  

   

2019.2.6

 
 
中等部 
今しばらくお待ちください。
 
 
 

  

2018.2.6

 
 

 
高等部 担当 坂本
高等部1年のとあるクラスをのぞいてみると、教室に花が飾ってありました。ラナンキュラス、ミモザは春の訪れを告げる花だと言われています。もうすぐ2年生。忙しい中でも、「花がきれいだな」と思える心の余裕が持てると良いですね。
 
 
 

  

2019.2.5

 

  
中等部 担当 松田
毎週、記事を1つ選び、考えたことを書いて提出する新聞ノートです。新聞と授業を結びつけたり、自分に置き換えたりして考えているノートをみると教師冥利につきます。同時に、発言には慎重にならなければと身を引き締めます。記事の裏側や側面、はっきりとは書かれていないものの見落としてはいけないことはたくさんあります。それらを流さない人になって欲しいです。
  

  

2019.2.5

 

 

 
 高等部 担当 細川
暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。春を探しに学園内を歩いてみました。テニスコートの横に水仙が咲いていました。中等部玄関前の庭では、クリスマスローズが今にも咲きそうにしていました。少しずつ寒さが和らぎ、確実に暖かい春が近づいています。
 

  

2019.2.4

 

 

 
中等部 担当 田中
今朝の生徒集会では校長先生から、昨日の節分、今日の立春についての話がありました。中2の音楽の授業では、春を待ちわびる鶯(うぐいす)の気持ちを表現した「早春賦」を歌っています。まだまだ寒い日が続きますが、春はもうすぐです。
 

  

2019.2.4

 

 

 
 高等部 担当 関本
 今日はいつもより暖かい1日でした。外掃除をしてくれている生徒たちにとっては好都合。たくさん落ちている枯れ葉を集め、いつも以上にきれいにしてくれました。また、トイレ掃除をしてくれている生徒が先日「トイレには神様がいるって信じて、きれいにしてます!」と話してくれました。おかげでトイレはいつもピカピカです。普段気持ちよく学校生活が送れているのも、毎日の掃除のおかげですね。
   

 

 2019.2.2

 

 
 

中等部 担当 蒲谷
 今朝は一段と冷え込みました。正門の横にある龍のひげで書かれた「山女」の文字にも白く霜が降りています。その横にある水たまりには薄く氷が張っていました。一貫校である本校の中等部3年生に、原則、高校受験はありませんが、受験を控える皆さんには、インフルエンザの予防対策など充分に心掛けて、実力を発揮されるようにお祈りします。
  

 
2019.2.2
 

 

 
高等部 
しばらくお待ちください。
 

 

2019.2.1

 

 
中等部 担当 名越
魯迅の『故郷』を学習しています。作品の内容をより深く理解するために、先日、社会の教員による当時の時代背景や社会の様子についての授業を受けました。さまざまな視点から想像力をもって、作品を味わうことは大切なことだと思います。授業を通して「疑問」を「知識」に変え、本当の意味での共感力をつけてほしいと思い、時々教科を越えたチームティーチングもおこなっています。
 

 

2019.2.1

 

 

 
高等部 担当 乾
本日、高等部の推薦入試がありました。緊張の表情ながら、「ここでがんばる!」という強い意志が感じられ、心強く感じました。1月30日には、エリザベト音楽大学と山陽女学園高等部との教育提携協定が調印されました。これにより、次年度新設される「こども教育コース」のカリキュラムがさらに魅力的に!山陽女学園は女子校としてさらにみなさんに選ばれる学校になるよう努力を続けていきます。